Lesson Story

2010年03月

Variety Course

ホワイトチョコレートのガトーショコラ

6日(土) 7日(日) 

12日(金) 13日(土) 14日(日)

黒いイメージのガトーショコラですが、ホワイトチョコレートを使って作ります。

いつもと一味違うイメージ一新のお菓子です。

Lesson Story

■壊れやすいので、大切に取り扱いましょう

基本的には黒いタイプのガトーショコラと同じ作り方です。

全体を通して、こちらのほうが繊細なので丁寧さが必要です。

チョコレートの生地もしまりやすいので、冷えてしまわないように気をつけて湯せんなどで冷めない注意が必要です。

★固くなりすぎないように。

RIMG2543.JPG 

 

RIMG2544.JPGメレンゲは、固さをしっかりだしてなおかつ混ざりやすいものを作りましょう。

この点は黒いタイプとまったく違います。

焼き上がりしとても脆く壊れやすいので、注意深く扱ってください。

紙をはがすときは、静かにそっと。

ナパージュとグラスは丁寧にかけてください。

これらがお菓子全体の大きなアクセントになります。

 

 

 

 

Standard Course

おやつマフィンとおかずマフィン

20日(土) 21日(日) 

26日(金) 27日(土) 28日(日)

オヤツタイプの甘いマフィンと軽食にも最適の塩味のマフィンを作ります。

お花見や持ち寄りパーティの18番ににもぴったりです。

Lesson Story

■具をたっぷり

マフィンはぼそつくな~と思っていた方は、どうぞこちらをお試しください。

水分を含む具材をチョイスして、たっぷり入れると具材の水分を生地が吸い込んでうま味たっぷりのしっとり生地に仕上がります。

★このくらいたっぷりね。

RIMG2606.JPG

表面はグラニテなんかでカリカリ食感に仕上げれば、しっとりとカリカリ、両方の食感のコントラストが楽しいお菓子に仕上がります。

★カリカリかるグラニテもたっぷり。

RIMG2607.JPG

具材はみんないろいろ試してみてください。

そして、これはぜひぜひお重につめてお花見弁当にしてみてください。

お酒にあわせる場合は、おかずマフィンの塩味を少し強めにするとよりおつまみ色が強まると思います。

残ってしまったら、ひとつずつラップして冷凍するといいです。

オーブンで温めるのが正統派ですが、レンジでもしっとりふわふわになります。

カリカリは失われますが、しっとりもいい感じです。

ケーキ教室(Lesson)

Lesson Story