Lesson Story

2012年01月

Variety Course

キッシュ・ロレーヌ
1 月  14日(土) 15日(日) 

ベーコンとハムとチーズがたっぷり入ったキッシュは大人気のメニューです。
専用の生地もしっかり伝授しますので、この機会に得意メニューに加えてください。

※大きな方でみんなで実習するスタイルです。(定員6名)
おみやげは、21㎝×h5㎝型の1/4程度となります。

Lesson Story

■ベーコンはじっくり

キッシュ敷きこみ.JPGクリ.JPGまるごとキッシュ.JPG

















キッシュ・ロレーヌはぜひ覚えておきたいレシピです。
生地もクリもガルニチュールの処理も全部いちいちおいしくなるこつが満載なのです。
生地とクリは、ご自分で別の材料で作るときにも転用してOKです。

ベーコンとハムは、日常ではこんなに丁寧に扱うことはありませんが、食べる人をあっといわせたいならぜひこの方法をやってください。

レッスンでもお話ししましたが、私はサケの転用をよくやっています。
ざっと紹介します。
クリ(ナツメグ抜き)と生地はそのまま。
サケはお刺身用を買うと骨もなく脂がのっています。 大きめに切って塩コショーしてバターで表面を焼きます。ケイパーすごくたっぷりを半分くらいに刻んでおきます。
空焼きした生地の底に焼いたサケを並べます。
ケイパーをいれてクリを注ぎます。ディルやパセリのみじん切りを加え、クリを入れたら全体を軽くかき混ぜます。上には、エダムチーズ、グリュイエルチーズのおろしたのをたっぷり規定量ふって胡椒をして同じように焼きます。

これもとてもおいしくできました。玉子が足りなくて、全部全卵のクリにしたらちょっとさっぱりしてそれもおいしかったです。

こんな感じにお渡ししたレシピを基に自分のキッシュを色々作ってください。
Facebook登録者の方は、お教室グループに投稿してくださったらうれしいな。

Standard Course

タルト・ショコラ
1 月  20日(金) 21日(土) 22日(日)

サクサクのタルト生地、たっぷりのフランボワーズ、しっかりとした味のチョコレートの組み合わせがたまらないお菓子です。
甘み、酸味、苦みその他いろんな味や香りが溢れかえるお菓子です。
小さなタルト型で仕上げます。

※日程に誤りがありました。太字の部分を修正しました。申し訳ありませんでした。

Lesson Story

■ガナッシュは丁寧につなぎましょう

タルトショコラ3.JPG以前は大きく作っていたタルトを小さくしたらカワイイと思ったのですが、かわいいけど作りにくかったです。
カカオ70%のチョコレートのガナッシュは案外つなぎにくかったです。(汗)
当初一気につないでいましたが、ちょっと大変みたいでした。
以下に変更します。

1チョコはちょっと溶かしておく、生クリーム,水あめ,牛乳は軽くわかす。 ←ここまで同じ
2チョコに 生クリーム類を1/2くらいまず入れます。全体に液体をいきわたらせ、真ん中からホイッパーで小刻みに素早く動かして乳化させていきます。ピカッとしたら乳化の合図。その範囲を広げていくようにホイッパーを動かします。
3同じ作業をあと3~4回テキパキと行います。ポマード状のバターを最後に溶かして完成。
4素早く型にチョコを流し入れ、揺らして平らにします。

ケーキ教室(Lesson)

Lesson Story